読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【サンムーンダブル】スピーディも鈍足も行ける腹カビゴン構築レート1814【VGC2017】

皆様、こんにちは

初めまして、青井と申します。

TN名エドワゥ、ロム(サン)


WCSシーズン2で1814に上がりましたので、その構築について書いていこうと思います。


カビゴン のんき 最遅 H244 B252 A14 フィラのみ 食いしん坊 

技 恩返し、腹太鼓、岩雪崩、リサイクル


ミミッキュ 生意気 最遅 H252 A252 D4 メンタルハーブ 化けの皮

技 じゃれつく シャドークロー 自己暗示 トリックルーム


フェローチェ やんちゃ A252 S252 H4 きあいのタスキ ビーストブースト

技 とびひざげり どくづき フェイント スピードスワップ


コータス 冷静 最遅 C252 H252 D4 草Z 日照り

技 ソーラービーム かえんほうしゃ 噴火 守る



ヌメルゴン 冷静 最遅 H252 C252 D4 グラスシード 草食

技 流星群 かえんほうしゃ パワーウィップ ヘドロ爆弾


カプ・ブルル 陽気 H236 A152 B120 こだわりハチマキ グラスメイカー

技 ウッドホーン ウッドハンマー ストーンエッジ 馬鹿力


構築のコンセプトを解説していきます。カビゴンで腹太鼓して無敵な火力でトリル下であるいは超速のフェローチェのスピードを奪って上から敵を葬る。トリル貼ったあとのミミッキュは自己暗示してたら同じく無視できない火力を得ることができます。そうなると場に居る2匹の味方のポケモンはどれも無視できなくて相手からしては、どれも迅速に倒さなければならないポケモンになり、しかしカビゴンはリサイクルで回復でき、ミミッキュの特性のおかげで一撃で死なない、そのうち相手のポケモンは先にこちらのポケモンに倒されていく。もし1匹倒されててもハチマキブルルを出してグラスメイカーを展開し、隣にいるもう1匹のパワー全開の味方ポケモンとなるべく相手のポケモンを倒していく。そして最後の掃除役はグラスシード発動のヌメルゴンに任せるか、トリル切れてないならコータスに任せます。


選出は基本的に相手はカビゴンより早いポケモンがほとんどの時にトリル展開するようにフェローチェとミミッキュを選出します。後ろに場合によってヌメルゴンとコータスを選出するのがほとんどのパターン。相手に水タイプなどコータスに不利なポケモンがいる場合、噴火で倒せないポケモンが多い場合やカプ・ブルルの方が一掃しやすそうな場合はブルルを後発に選出します。その場合はヌメルゴンのグラスシードが発動して、活躍を普通以上に期待できます。


相手は鋼タイプや一撃で化けの皮剥がれたあとのミミッキュを倒せるようなポケモンがいた場合こちらはフェローチェとカビゴンを先発に出します。スピスワしたあとのフェローチェ相手のタスキや頑丈をフェイントで壊し、カビゴンで全部葬るか、ブルルやヌメルゴンに交代してもいいです。要注意な点は、この振り方のカビゴンは色々耐えますから、HP減ったらリサイクルで回復しましょう。

 

この構築使う際要注意なポケモン達


コータスドレディア

に対して初手ヌメルゴンとカプ・ブルルを投げます。ドレディアがヌメルゴンにねむりごなしたらそこで勝負がつく。が、だいたいこちらの特性が読まれます。その場合ヌメルゴンはコータスに流星群、相手はお先にどうぞで噴火打ってきたらこちらはブルルを他の耐久ポケモン(カビゴンやミミッキュ)に交代。場はヌメルゴンに固めさせます。コータス処理したあとのヌメルゴンの仕事はあと一つだけ、それはドレディアを処理することです。その前にヌメルゴンを引っ込む必要はないでしょう。


イカサマ持ちバルジーナなど

イカサマ持ちとはいえ、耐久はパワー全開のカビゴンの恩返し耐えられないと思うので先手取れるようにして先に葬るしかないですね。


緊張感プテラ

正直、リサイクル使えなければカビゴンは短命になる可能性が極めて高いです。なので相手はプテラ(特性選出の時点で判断できないが油断できない)がいる場合、こちらは安定な策を取って、ブルルとヌメルゴンを出していきます。先にプテラを葬ってから後ろのフェローチェとカビゴンでごり押ししていきます。


ヘビィボンパーギガイアス

カビゴンより遅いんで、ストーンエッジの岩zがかなりきついですね。しかもこの構築のカビゴンはギガイアスにいい打点がないんです。でも心配は要りません。そのための草Zコータスです。コータスはギガイアスより遅いんでトリル下で先に動けます。なのでコータス選出すれば安心してトリル張っても大丈夫です。


以上、だいたいはこんな感じです。pglですでにレンタルに出したんですのでよかったらどうぞ使ってください。質問があったらコメください。それでは、みんなWCS頑張ってくださいね!